診療方針・設備

診療方針

  1. 丁寧に時間をかけた診察

    急性期病院で脳卒中や頭部外傷などの治療に関わった豊富な経験を活かし、頭のケガ・頭痛・物忘れ・脳卒中の心配など、頭に関する脳神経系の病気はなんでも、丁寧に時間をかけて診察いたします。

  2. 短い時間で圧迫感の少ない検査

    検査機器には、患者さんへの負担を考慮し、検査時間が短く、圧迫感がすくない「マルチスライスCTスキャン」を導入。頭なら15分程度で、検査結果の説明が行えるようにしました。

  3. 簡易脳ドックによる予防医療

    脳卒中や生活習慣病の予防にも力をそそぎ、脳梗塞・心筋梗塞の発症を予測する血液検査や、認知症予防のためにできる血液検査などを含めたCT検査を行う簡易脳ドックもご用意しています。

  4. 密接な地域医療連携

    大きな病院と密接な地域医療連携をはかることにより、スムーズに、患者さんにとって適切な治療、より高度な医療を継続的に提供することを実現しています。

医療設備 
~マルチスライスCTスキャン~


患者さんへの圧迫感が少なく、トップクラスの開口径(75cm)を実現したオープン&コンパクトな16列マルチスライスCT装置を導入しています。

1秒未満の高速回転と最小スライス厚0.625mmを実現し、頭部以外でも、胸部(肺や縦隔など)であれば7~8秒、腹部(肝臓・腎臓など)も短時間撮影が可能です。
また3次元画像再構成アルゴリズムを採用し、アーチファクトを低減した高精細な画像を提供します。

医療設備 
~頚動脈エコー 超音波検査~


頚動脈は、全身の血管のなかでも動脈硬化が起こりやすい血管であり、動脈硬化が進んでいるほど他の部位の動脈硬化も進んでいると考えられ、全身の動脈硬化の程度(血管年齢)を評価することができます。

脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる病気を発症する危険度を推測することができ、予防に努めることができます。

このような方におすすめしています

高血圧・糖尿病・脂質異常症など、生活習慣病のある方
喫煙歴・肥満が心配な方

検査について

検査時間は15分程度です。首にゼリーを塗って超音波の機械をあて、動脈の壁を検査します。

地域医療連携 
~紹介先・提携病院~

脳外科西馬込クリニックは、荏原病院、大森赤十字病院、牧田総合病院、池上総合病院、松井病院などの病院と地域医療連携を行っています。

患者様の病状により、

  • 神経内科や精神科などの受診がふさわしいと判断した場合
  • MRIやそのほかの検査が必要と判断した場合
  • 入院治療が必要と判断した場合

など、相談のうえ、適切な病院を紹介させていただきます。

一般的に、大きな病院の外来予約受診は、予約を取るのが大変で、検査の結果がでるまで時間がかかり、さらに短い説明で終わってしまう傾向があります。

そこで脳外科西馬込クリニックでは、インターネット経由で提携病院のMRI検査を直接予約できるシステムを導入しています。場合によっては、検査する病院までの送迎サービスをはじめ、ホルター心電図・脳波検査など様々な検査を利用できる病院もあり、大変便利です。

その検査結果を持ってご来院いただければ、脳神経外科専門医として頭の状況をわかりやすく丁寧に、時間をかけて説明させていただきます。